MENU
INSTAGRAM IS HERE

喘息持ちによる民間療法!マスク以外でもできるウイルス予防法を紹介

こんにちは、チャオチャオです。

今回は、私が行っているウイルス対策の方法、対策アイテムについて書かせていただきます。

現在流行しているコロナウイルスの予防になるかの科学的根拠は全くございませんのでプラシーボ効果を感じ取っていただければと思います。

私は、喘息持ちで風邪をひくとめっちゃ痰が溜まったり風邪が長引いてしまう体質です。
そのため、風邪をひく度に予防策を練ってきました。

その中で今の集大成となっている方法を紹介させていただければと思います。

目次

マスクがない

現在、日本はマスク不足です。どこもかしこもマスクがないみたいですね。

私の家族は地方に住んでいるのですが、コンビニに少量入荷していることがあるそうです。

しかし、都市部だとマスクを購入することができず、入手に苦労されていることかと思います。

外面的予防ができないなら内面的予防

マスクは外面的予防策の一種です。マスクを着用することで外からウイルスを入ってこないよう、予防します。では、他に予防する方法はないのか?

私は、外面的な予防のほかに内面的な予防策が取れると考えております。

内面的予防とは、ウイルスが体内に入ったとしてそこから、体内のウイルスを倒し、身体を回復していくことです。

今回は、私の行っているウイルス対策法について紹介させていただければと思います。

ウイルス撃退

まずは、ウイルスの撃退についてです。

ウイルスに感染すると人間の身体はどうなりますか?

私の場合であれば、まず鼻水が止まらなくなります。そこから喉が痛くなり、熱が出ます。

熱はなぜ出るかというと、身体の体温を上げることでウイルスと闘うことができるからです。

つまり、あらかじめ体温をあげることでウイルスの予防ができるのではないかと考えます。

そのために私がとっている予防策は、まず銭湯の熱い湯に浸かることです。

熱いお湯に浸かり菌を退治します。いまだと銭湯が営業してないかもしれないので、家のバスダブに40℃くらいのお湯を沸かしてしっかり入るといいかもしれません。

銭湯に行く際は銭湯で借りるか、最近はコンビニでタオルが買えるのでタオル(400円位)を買うといいでしょう。

栄養摂取

菌を倒したならば、今度は身体の回復を行います。そこで私は栄養ドリンクを飲みます。

コンビニの赤まむしなどがおいてあるコーナーに、1,400円くらいの栄養ドリンクがおいてあるのですが、それを買って飲みます。

1,400円のドリンクを買うのはもったいないと思われるかもしれませんが、ここでケアを怠って後々悪すると、お金も時間もかかるのでここで先駆けてお金を使っておきます。

その他の栄養摂取として、私は明治のR-1ヨーグルトを飲んでいました。

また、夜ご飯の際には味噌汁にしょうがチューブを入れて飲んでいました。

しょうがチューブと混ぜてスムーズに飲める味噌汁はこちらです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

私大文系を卒業後、業務委託を1年→フィリピン移住2年→DtoC業界でWEBマーケティング職に転職
知って終わりで終わらない行動メディアを運営しています。

目次
閉じる