MENU
INSTAGRAM IS HERE

口臭ケアにはフロスを使用すべき?その理由をご紹介

会話をしている時に「口臭」が気になった経験はありませんか?

海外の人から見ると日本人は「体臭のケアは気にしているけれど口臭のケアは行っていない」という印象があるようです。

口臭ケアのガムやタブレットなどで気をつけているという人もいるかもしれませんが、口臭はたとえ臭くても周りの人は言いにくいため自分自身でも気づかないことが多いです。

口臭があると相手に不快感を与えてしまうのも事実なので、しっかりと正しいケアを行うようにしましょう。

今日は、そんな気になる口臭の効果的な対策についてです。

こんな人に読んでほしい記事

  • 口臭が気になる…
  • 口臭への対策を教えてほしい
目次

口臭の原因は磨き残しが原因

皆さんは、一日にどれくらいの頻度で歯磨きをしますか?

1日3回必ず10分以上する人もいれば、1回1分でささっと終わってしまう人もいます。

実は、とても丁寧に歯磨きをしている人でも、歯磨きだけでは100%歯石、汚れを取ることはできません。

歯の形は私たちが思っている以上に複雑で、歯の裏側、歯のスキマなどに汚れが溜まり、歯磨きだけでは全ての歯石を除去することは難しいです。

歯石が溜まってしまうと、口臭の原因になってしまうため、通常の歯磨き+aをしてクリーニングする必要があります。

口臭対策にはフロスがおすすめ

フロスは別名「糸ようじ」とも言います。

日本歯科保存学会の調査によると、3分間の歯磨きでは、6割程度の汚れしか除去できないという結果が出ています。

しかし、フロスを併用することで、8~9割の汚れを除去することができ口内環境を衛生的にすることができます。

フロスは歯と歯の間に糸を通して歯石を除去します。

歯石が溜まりそれが腐敗してしまうと口臭の原因になってしまうため、フロスを使うことで口臭ケアができます。

実際、口臭は体の中から出ていると思っている人がいますが、実はこの歯の汚れが大きな原因になっていることが多いです。

フロスは口臭予防だけではなく、以下のメリットを得ることができます。

  1. 虫歯予防になる
  2. 歯周病にいち早く気づける
  3. 歯がきれいになる

フロスは薬局で手軽に購入することができ、さらに値段がリーズナブルで経済的な負担も少ないのが特徴です。

フロスを使うことで、通常の歯磨きでは取れない汚れを除去することが可能です。

フロスを使って口臭を気にしない生活を目指そう

口臭が気になってしまうと人と話すことができなくなり、自分に自信がなくなります。

また、口臭は相手に不快感を与えてしまい印象も悪くなるため、エチケットとしてしっかり守りたいです。

フロスを活用して自信の元となる歯への投資を行いましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

私大文系を卒業後、業務委託を1年→フィリピン移住2年→DtoC業界でWEBマーケティング職に転職
知って終わりで終わらない行動メディアを運営しています。

目次
閉じる