MENU
INSTAGRAM IS HERE

コロナ時代の未経験転職に成功したので、ルート公開

こんにちは、チャオチャオです!

この度、転職活動が終了しましたので、一連の流れや利用したサービスについて紹介しようと思います。

①転職したいと思い出す。

②YOUTUBEで発信されている転職アドバイザイザーに相談

③未経験、第二新卒に強いエージェントに相談

④掲載型のサービスを利用

まずは、私の経歴ですが、大学は文系私大でマーケティングを専攻していました。

4年になる際に、海外を経験したいと思い、1年休学し海外留学をしたり、チャリティープロジェクトを自分で行っていました。

チャリティープロジェクトは貧困解決のために行ったのですが、全然、貧困解決につながるとは言えず、別の切り口を探すためにフィリピン移住を考え、フィリピンに行く時間を作れる業務委託で勤務、1年後にフィリピン移住

フィリピンでは、経理、インスタマーケティングのインターンを行い、インターネット広告代理のフィリピン支社にて勤務、マネージャー職を経験、今回の転職にてDtoC業界のWEB職となりました。

では、転職の振り返りを順に行います。

目次

①転職したいと思い出す。

インターネット広告代理店のフィリピン支社で勤めていたのですが、今回のコロナのこともあり、生活がかなり過酷になったことや、収入・キャリアの面でさらに上を目指したいと思い、転職活動を始めることにしました。

ただ、このときは2020年9月ごろでリモートに対応していない会社が多く、履歴書を郵送してくださいという会社も普通に存在していました。

5社くらい応募してみましたが、全部見送りになったので、エージェントに相談することにしました。

②YOUTUBEで発信されている転職アドバイザイザーに相談

YOUTUBEで転職情報を発信されている高野さんという方に転職相談をしてみました。

高野さんを知ったきっかけは、年収チャンネルというYOUTUBEの番組に出られていた回を視聴したためです。

高野さんは、オンラインで転職相談にのられている方ですので、海外からラインで連絡をしてみました。

下記にて、相談ライン@のQRコードが表示できると思います。

ラインで面談のお時間いただき、転職相談にのっていただきました。

チャオチャオの現状のスキルだと、高野さんのクライアントに紹介するのが難しいとのことでした。

まぁ1年以下の経験だと未経験みたいなもんですからね~

が、若者で職歴が薄い方や第二新卒に強いエージェントを紹介していただけることになり、下記のエージェントを利用させていただきました。

③未経験、第二新卒に強いエージェントに相談

高野さんの紹介で株式会社エルツリー社が運営するなるはやキャリア相談室のサービスを利用させていただくことになりました。

私がなるはやキャリア相談室を利用して感じた特徴は3つです。

①求人提案力の高さ
②フィードバック回収
③手軽さ

①求人提案力の高さ

私がなるはやキャリア相談室を利用してまず感じたのが、求人提案力の高さです。

提案いただける求人数も多く、自分の希望職種や潜在的な可能性に合わせて提案いただけるので、キャリアアップをイメージした転職活動が可能になります。

また、コロナが始まった年ではありましたが、オンライン面接に対応した企業を紹介していただけるので、フィリピンからでも面接を受けることができました。

②フィードバック回収

2つ目はフィードバック回収です。

自分で転職活動をしていると、見送りの際も見送りとしか書いていないため修正して次に活かすのが難しくなります。

ただ、なるはやキャリア相談室の場合は、応募企業からのフィードバックを回収してくださるので、次の面接に活かすことができます。

下記は、実際に回収していただいたフィードバックです。
・適性検査の時点で向上心と行動部分が釣り合っておらず、面接内では払拭できなかったため
・本人の向上心が高く、募集職種だとすぐに満足できなくなるため
・年収、スキル面にミスマッチがあるため

面接フィードバックより

このように企業側からのフィードバックになるので、次に活かすことができます。

③気軽に利用できる

サービスがライン上で行われるため、気軽に転職相談をすることができます。

電話などのやりとりだと、リアルな時間で繋がないと相談できませんが、ラインであれば、時差があってもやり取りができるため、仕事が忙しい場合などでも転職活動を進めることができます。

・転職をしてキャリアアップをしたい方(転職後の活躍イメージと一緒に求人提案してくれる)
・未経験から新しい職種に挑戦したい方(複数の切り口から提案してくれる)
・転職活動をしたいけど現職が忙しい方(LINEがメインのためスキマ時間から活動可能)
・素早く転職したい方(企業側に結果面など交渉してくれる)
・海外から転職活動を行いたい方(※但し最終面接は対面の可能性あり)
・給料をUPしたい方(エージェントが交渉してくれるため)

以上が私が利用をおすすめする人、しない人の像です。

LINE追加するだけで手軽に始められますので当てはまる方はぜひ利用してみてください!

掲載型サービスの利用

私は、エージェントと平行して、掲載型の転職サイトも利用し始めました。

掲載型の転職サイトは、求人を行う会社が期間で課金して掲載することで、応募者を獲得するサービスです。

採用してもしなくても、掲載料金がかかるため、採用を強化している企業が集まる傾向があるかと思います。

具体的にはエン転職というサービスを使っていました。

エン転職を利用して感じた特徴は3つです。

①同時応募が楽

②応募企業が探しやすい

③面接通過がしやすい

①同時応募が楽

エン転職には、WEB履歴書を登録することで使いまわしができるため、一度、履歴書を登録することで、楽に応募していくことができます。

②応募企業が探しやすい

エン転職には、応募した求人の傾向から、ピックアップ求人を紹介いただけるので、簡単に求人を探すことができます。

③書類通過がしやすい

掲載課金型というのもあり、同じ掲載料ならできるだけ多くの人と面接したいという企業もいます。

私自身、履歴書の中は落ち着いていませんでしたが、比較的面接までいただけることが多かったです。通過率20%ほど

・数を打っていきたい方(検索をかけることで掲載されている企業に応募できる。)
・面接までこぎつけたい方(掲載型かつ未経験求人が多いため通過率が高い)
・幅広い求人をみたい方(検索やピックアップで色々な求人を見ることができる。)

これらのサービスを利用して結果的に、最初に希望していたDtoCのWEBマーケティング職にて転職することができました。

コロナの時代ではありますが、求人自体はまだありますので、ぜひ挑戦してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

私大文系を卒業後、業務委託を1年→フィリピン移住2年→DtoC業界でWEBマーケティング職に転職
知って終わりで終わらない行動メディアを運営しています。

目次
閉じる